日刊 ちっちゃいMono新聞 「ちっちゃいモノ好き」がつぶやく、毎日の何気ない雑談です。

最近の記事
お知らせ
04/27 14:17
重要(?)なお知らせ
10/18 15:07
今日から5日間、スイ…
10/18 00:35
1/64 マグロ一本…
10/17 01:02
偏光フィニッシュ/コ…
10/16 04:32
レンジで1分プリン
10/15 04:34
WEBノートブック「…
10/15 03:53
ミニ木製建築模型 あ…
10/14 00:09
ジオラマ・ミニチュア…
10/13 00:43
1/200 ハッブル…
10/12 00:02
1/6 ソニー Li…
10/11 00:29
フリースタイルコレク…
10/10 18:32
Groomy(グルー…
10/10 00:20
ドーナツ デコキット
10/09 17:53
1/24 ランボルギ…
10/09 01:37
最近のコメント
> その他大勢 さん…
ひえぴた 10/17 14:55
 国際興行バスのバス…
その他大勢 10/17 09:36
たくさんあれば引き出…
ひえぴた 10/11 18:28
 ある博物館で、引き…
その他大勢 10/11 14:11
そうですね^^。…
ひえぴた 10/07 23:43
最近のトラックバック
【わずか8グラム】マ…
10/08 20:21
西暦1576年 - …
09/12 11:47
珈琲・コーヒー・・・…
08/07 00:40
【昭和は遠くなりにけ…
07/18 21:31
【2万円台のミニプロ…
06/17 21:33




Map


螺旋推進車


この発案は1920年代のものだそうですが今見ても新鮮ですね。
螺旋推進車か、ネジ式駆動車とでも呼ぶのでしょうか。
現代で作ってみてもかなり便利そうに感じます。舗装道路でも走れるらしいけど実際はアスファルトがボロボロになるし、万一交通事故になって人間がこの車に轢かれたら・・・普通の事故の何倍も悲惨になる予感^^;。。。今普及していないのはそういった理由なのでしょうか?。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 01:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

見えない車「ベイパー(Vapor)」

見えない車「ベイパー(Vapor)」
USAF(アメリカ空軍)が最新技術を結集して開発したという2車種を一般公開。
1台はベースがダッジ・チャレンジャーの”見えない車”。見えないと言っても消えるわけではないですが、レーダー波が吸収されてしまう特殊なステルスボディなのでレーダー機器では探知が出来ないそうです。さらに全体が真っ黒で、エンジン音を消しながら走る機能も装備していることから夜間走行では存在がわからないのだとか。・・・って、周りが危ないよ!w。気付かないうちにひかれるかもw。。。
もう1台はベースがフォード・マスタング。戦闘機のような射出脱出装置や操縦桿のようなハンドルが特徴。
どちらも見た目はカッコイイので好きですけど、何に使うのですかねぇ。。。とりあえず米空軍の広報活動で興行展示するそうです。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

かなりクールなミニチュアトレーラー

Youtubeで良い映像があったのでメモ。
製作時間2850時間、費用85000ドルで作られた本物そっくりのミニチュアトレーラー。車種はケンワースですね^^。人が乗り込んで運転も出来て、5速のカミンズ製エンジンを搭載している立派な”クルマ”です。悠々と走り終わったあとは本物の巨大トレーラーに積み込んで帰りますw。カワイイw。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 01:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

世界一?ちっちゃい車

イギリスの大衆紙「Sun」の記事。
小型車にも搭載できるぐらいの「世界一ちっちゃい自動車」を作った人がいるそうです。
世界一ちっちゃい車1
車のサイズは高さ1メートル、幅66cm、全長130cm。よく遊園地にある子供用の乗り物(ライド)をベースに、バギーを改造して組み込んでしまったのだとか。ナンバーも取得したので公道もOK。動画を見るとわかりますが走行中は後部の大きな発条ネジが回るんですよw。かわいい^^。1台欲しいですw。
世界一ちっちゃい車2

クルマ | 投稿者 ひえぴた 05:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

原寸大ペーパークラフト計画

原寸大ペーパークラフト計画
NSXのペーパークラフトを原寸大で作るという無謀w・・・いや、かなり素敵な計画。主催はエプソンさんなので大判印刷には自信満々だったでしょうね^^。細かい製作過程はサイトをご覧下さい。スケール1/24の模型を四方から撮影して展開図を作成。中身はダンボールを組み合わせて骨格を作っています。強度もしっかりした印象ですね。しかし部品の一つ一つがデカイ!w。切り出しや接着は相当大変だったろうと思います。
写真を詳しく見るとわかりますが、ちゃんと刻みの入ったノリしろも巨大化されていてなかなか面白いですw。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

GMフューチャーライナー

GMフューチャーライナー1
今から50年以上前にゼネラルモーターズ社の主催で行なわれていた移動式イベント「科学と工学技術のエキシビジョン」。
全米各地をはじめ、カナダ・メキシコの主要都市などを専用バスの「フューチャーライナー」で移動しながら、当時最先端だった"ディーゼル機関"や"ジェットエンジン"、"ソーラーエネルギー"や”未来都市計画”などについて様々なデモンストレーションが行なわれたそうです。最盛期には12台のフューチャーライナーを先頭に大きなキャラバン隊が組まれたそうで、パレードもさぞ壮観だったでしょうねぇ。
GMフューチャーライナー2
フューチャーライナー[Parade of Progress]はイベント用に設計された専用バス。車体そのものが巨大な展示ブースです。なんという格好良さ!。以前、現存する1台がオークションに出ましたが、400万ドル(当時の円レートが116円として約4億6千万!)で落札されたそうです。貴重なんですね~。フューチャーライナーを1/24スケールでスクラッチビルドしちゃった人が製作記事を公開されていますよ。運転席の内部や貴重なダッシュボードのデザインなどがよくわかります。う~、作りたい~w。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

スネイル・アート・カー

個人的にかなり気に入った工作ネタがあったので載せておきます。その名も「スネイル・アート・カー」。スネイルとは”かたつむり”のこと。かたつむり型の自動車を手作りしちゃったスゴイ人がいます。

古いビートルのボディをはずして、、、
スネイルカー1

枠組みを組んで、椅子など内装を施し、、、
スネイルカー3

しっかり外装を取り付けて、
スネイルカー4

立派な「かたつむり」になりました^^。
スネイルカー5

すばらしい雄姿ですね^^。1台欲しい~w。
スネイルカー6

走っている姿はビデオでどうぞ。(音大きいので注意)

詳細な製作記事をご覧になりたい方はコチラへ。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

MINI HOT LOUNGE. 2008

チョコミニ
チョコまみれのミニですw。インパクトありますね~。
東京・丸の内にあるBMWのショールーム「BMW Group Studio」で開催中のイベントの1シーンです。ピッカピカのミニに本物そっくりの溶けたチョコレートがかかっていて美味しそうw。これは、あしなが育英会さんの募金活動の一環でもあり、立ち寄ったらぜひ募金しましょうね。会場では本物のホット・チョコレートのサービスもあって、甘い暖かい時間を堪能できます。25日まで。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 02:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

AIRTRAX・サイドワインダー



まるで氷の上を滑走しているかのように360度どの方向にも進める魔法の車輪「オムニホイール」を実装したフォークリフト「AIRTRAX・サイドワインダー」。
真横に走れるって便利ですよねぇ^^。でも便利さよりもタイヤの磨耗が一番気になりますがw。。。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 02:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

JAFのウニモグ

JAFのウニモグ
JAFのホームページに行くと、会員専用ページでウニモグ救援車の壁紙をダウンロード出来ます。ウニモグってカッコイイですね~!。知らない人は海産物のウニやらモグラやらを連想しそうな名前ですがw、れっきとしたドイツ語の略語なんですね。この巨体で45度の斜面も登れるという機動性はスゴイ・・・。1台1500万円とも3000万円とも言われる高級車ですが、日本でもマイカーとして所有している人が居るそうでビックリです。
昔、横浜駅の構内に止まっていたのをよく見かけましたが、現在の所属はどこなんでしょうか??。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 01:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

公道OKのカート

公道OKのカート
実家の近所にレンタルカート専用のサーキットがあります。近所だけにいつでも行けるだろうと思っていて未だに未体験なんですがw、車高が低いから体感速度は100km近くになるそうで大迫力でしょうね~。かなり面白そうです。
50ccカートは上の写真のようにランプ類などの必要なパーツを取り付けて登録すれば原付扱い(要普免)で一般道路も走れるそうで、組立てキットなども販売されています。これも楽しそうですけど、トレーラーとか大型車が横に付いたら怖いでしょうねぇwww。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウェブプラモ

ホンダさんが公開している3Dモデルデータ集「ウェブプラモ」。かなり以前から存在は知っていたのですが、なかなか遊ぶ機会がありませんでした。ボディ、ドア、タイヤなどパーツが細かく分かれているので、自分が持っているCGソフトに取り込めばバーチャルなプラモデルとして組み立てられます。「ギャラリー」には、好きな色・好きな背景に飾った作例がいろいろあって楽しいです。私の一押しはT360ですw。
ウェブプラモ
違う車種の部品を組み合わせてオリジナルカーをデザインするというのも楽しいかも。ちなみにこれらの3Dデータは実車の実測データではなく、タミヤ模型さんのプラモデルのパーツデータだそうです。
ウェブプラモ作例
↑ 江ノ電と並走してみました^^。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 04:43 | コメント(2)| トラックバック(0)

コーティングポリマー

コーティングポリマー
模型メーカーのハセガワが本気で作ったという車用ツヤ出し剤「零三式コーティングポリマー11型」。もともとハセガワ製の模型用コーティングポリマーはプラモデルやミニカーに使うとピッカピカになると評判で、まわりで使っている人も何人かいました。うちは車が無いので実際には試せませんが効果はいかがなものなのでしょうか。(ページ内の通信販売リンクが切れていますがURLの末尾に「l」を付けると見れます。)
クルマ | 投稿者 ひえぴた 01:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

「Love Your Sportscar.」- Bow。自動車画展

カッコいいイラストで有名なイラストレーター Bow。氏の個展が KYOSHO OMOTESANDO で開催されます。
Bow。氏の作品は人気が高くて値段もちょっと高い。。。リトグラフを集めたくても手が出ません~。
で、貧乏な我が家ではカーマガジンを棚に飾っていますw。写真はお気に入りのチンクです。
bow展1

会場では「1/43 ランボルギーニ ガヤルド」など限定商品の販売もあり。う~、仕事サボろうかな・・・。
bow展2

「Love Your Sportscar.」- Bow。自動車画展 -
 開催日:2008年2月8日(金)~3月9日(日)
     平日・土曜日/11:00~21:00
     日曜日/20:00まで(年中無休)
クルマ | 投稿者 ひえぴた 02:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

iPod の周辺機器「電気自動車」

ゼブラ1
相変わらず人気の高いアップルの iPod ですが、周辺機器のラインナップに”自動車”が加わるそうです。「車のオプション」という考え方ではなく逆の「iPod の周辺機器」だという点が面白いですね。その車はアメリカ西海岸にある電気自動車メーカー、ザップ社の”ゼブラ”。リチウムイオン電池で走る電気自動車だそうで、家庭用のコンセントから簡単に充電ができるとか。1台欲しいです^^。ザップ社の電気自動車は世界最大の宅配会社UPSの小分け配送にも導入されているそうで、以下はその配送風景。


こちらは太陽電池バージョンの「ゼブラ・ゼロ」。某有名番組のダンキチ君のような感じでしょうか^^。
ゼブラ2
↓こちらはドミノピザで働くゼブラ君^^。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 10:33 | コメント(1)| トラックバック(0)

水陸両用タクシー

水陸両用TAXI
大阪で水陸両用型のタクシーが営業を開始したそうです(プレスリリースPDF)。車両はドイツ製のRV「AR2800SR」。運転するには小型船舶と普通二種の同時携帯が必要らしいです(両方持っている人はかなり少ないとか・・。)。ちょっと渋滞につかまったら川に下りて水上を・・・なんて、カッコイイですね^^。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 02:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

驚く室内空間

PALETTE
10月26日から幕張で開催される恒例の東京モーターショー(一般公開は27日~)。次に車を買うなら絶対「ちっちゃい軽」をと決めている私なのですが、軽と言えども室内空間は広い方が良いです。今度のショーに参考出品されるスズキの PALETTE(パレット)という車はそういう点で注目されているそうです。かなり完成度は高いようなので、参考で終わらずぜひ発売して欲しいです。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

ピールトライデント

Peel Trident
オートバイレースでも有名なイギリスのマン島で、40年以上も前に生産されていた世界一小さな量産車「ピール」。中でも1966年製のピールトライデントは丸っぽいFRPボディに宇宙船のような全天型の透明キャノピがかなりキュートです。このピールトライデントの工場出荷風景のビデオがあったのでリンクしておきました。工場からぞろぞろと行進してくる姿はなんとも言えずカワイイです。トラックに積み込む際に手で持ち上げて積んでいた姿が微笑ましいですw。町中が全部この車だったら悲しい交通死亡事故や渋滞も減るし、間違えて一方通行に入ってしまっても持ち上げて方向転換できちゃったり、楽しそうw。豪華さや快適さを追求している最近の自動車メーカーの皆さんにはこの感覚を忘れないで欲しいものです。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 01:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

メッサーシュミットの片輪?走行

ちっちゃい車の動画を探すのが好きでよく見ています。片輪走行で走行距離を競うイベントでしょうか、メッサーシュミットが出場していました。他の車が踏み切り台を使っているのにメッサーシュミットは台も使わず見事に片輪走行!。しかも見事に走り過ぎてそのまま延々と走り去ってしまいますw。計測不能でしょうかw。

(※仕事中の方は音注意!)
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

コニーグッピーのペーパークラフト

コニーグッピー
幻(?)の”コニー”ブランドで有名な愛知機械工業さんのページに、私が超大好きなグッピー(AF8)のペーパークラフトがあります。ちっちゃいクルマが好きな方はぜひ一度作ってみては如何でしょうか。(写真はコニー・スーパーグッピー)
クルマ | 投稿者 ひえぴた 01:57 | コメント(2)| トラックバック(0)

自動車ガム

ジンタンガム1
懐かしのジンタン(仁丹)ガムです。チューインガム年表によるとジンタンガムは昭和34年頃から発売していたらしいです。パッケージに車の絵が描かれていることから自動車ガムとも呼ばれていたとか。プロ野球選手の顔が印刷されたジンタンガムは野球ガムと呼ばれていたのでそっちを覚えている人も多いかもしれませんね。

ジンタンガム2
これが自動車のイラストです。かわいいでしょ?。
1926年 PONTIAC / 1902年 STUDEBAKER
1908年 FORD / 1939年 LINCOLN
1896年 FORD / 1904年 PACKARD

ジンタンガム3
ガムの側面に「教育カード入」と書いてあるのですが開けたことが無いのでどんなカードが入っているのか知りません。数十年経っている中身がどうなっているのかもわかりません、食べられないことは確かです(笑)。興味津々ですw。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

日本初の実用電気自動車「ジラソーレ」

E-car
電気自動車なんてまだまだ未来の話だと思っていたらこんな商品が出たそうです。デザインはイタリアらしいというか何というか。。。でもちょっと近所の買い物に出るくらいならかなり重宝しそう。価格は260万円。補助金が受けられたとしても180万円強。まだまだ気軽に買える値段じゃないですね。コスト面からすると、ガソリン車の1/10以下で税金も安く、消耗部品も軽自動車より安いとか。1回のフル充電(電気代は約100円)で120キロ走れるそうで、やっぱり使うならチョイ乗りだろうか。あぁクルマ欲しい。。。
クルマ | 投稿者 ひえぴた 00:08 | コメント(3)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]

◆適当につぶやいてます。


<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google










by Orfeon
お暇でしたらLet's Play!





ナポリタン専門ブログ



日本ナポリタン学会
横浜はナポリタン発祥の地!